大変申し訳ございません

つかえる法律研究会に、ご興味をもっていただきありがとうございます。

しかし、大変申し訳ございません。

現在、有料会員へのお申し込みは受け付けておりません。

無料のメールマガジンでお楽しみいただければ幸いです。

無料メルマガの登録は こちらです。→

 

研究会のご紹介

つかえる法律研究会では

まずは、法律情報を早くつかむこと。つぎに、その法律をどうやってつかうか。

ということを考えています。

法律情報は得るだけではムダ!

 今後、規制改革がどんどん進む中、競争は激化します。大手資本や異業種からの新規参入組がさらに競争を激しくさせています。経済の状況は刻々と変化し、弱肉強食、下克上の不確実なこの時代。こんな時代、規制改革による法改正をビジネスチャンスととらえ、中小企業が実際の経営に役立つ、つまり、実際に利益を生むような法律の使い方を研究する必要があるとは思いませんか?でも、そのとき、正しい法律情報をより早く手にするにはどうしたらいいのか?と考えるのですが、現在よく見かける法律講座や法律関係の書籍などは、法律の中身の解説が中心であり、また大企業を対象としていることが多く、中小企業がすぐに利用できるものではありません。

海老澤行政法務事務所では、約4年前から、当事務所をご利用いただいているお客様に対し、毎月「上昇気流!」という最新の法改正、補助金等を中心とした情報誌を無料で発行してきました。この情報誌は、大変好評をいただいておりました。しかし、その反面、せっかくの最新情報を、使えきれていないということもアンケート調査により分かってきました。この研究会を発足させたのは、上昇気流!(月刊えび通)のアンケートに寄せられた読者の方々の声なのです。その声とは、

「ひとつひとつの情報がとても実になります」

「法改正の最新情報が役に立つ」

「仕事上でヒントになる」

 など、お褒めをいただきました。

しかしっ!一方で、上昇気流!(月刊えび通)の情報に対し、

「先生の送ってくれてるやつ、読んで勉強してんだけどね…」

「実際には、どう使えばいいの?」

などのご意見もいただきました。

 これは、何を意味しているのか?

 情報が入ってきて、役に立っている場合がある一方で、情報がいくらあってもその使い方がわからない。ということは、あるだけムダ。読まない方が、時間のむだにならなくていい。ということでしょう。そうなのです。法律情報を得るだけではムダなのです!

インターネットが普及し、巷に情報はあふれています。しかし、本当に必要なのは、情報を使いこなす能力なのではないでしょうか。どの情報が有益でどの情報がいらないものなのか。有益な情報を得たなら、自社ではどのように使えるのか。そういったことが分かるようになれば経営者にとってはすばらしいことです。会社の売上につながり、コストの削減につながり、実際に利益につながることでしょう。

そこで、会員制の「つかえる法律研究会」を発足し、実際の経営に役立てるために研究をしていくことにしました。会員様は中小企業の経営者を対象としています。法律の研究会といいましても、いわゆる六法などの難しい法律の中身を勉強するわけではありません。

「商法第○条によると」

とか

「株主とは、取締役とは」

などの堅苦しいことを研究することはしません。法改正をビジネスチャンスと捉えて活かす方法を学びあいます。また、補助金などの利用方法、各業法や施行規則などの中小企業が実際の経営に使用する法律、中小企業を守るための法律などを勉強していきます。会員は毎月、最新の法改正の情報を、どのように使えばよいかなどの切り口を研究します。また、実際の事例も会員が相互に報告しあいます。「つかえる法律研究会」は、こうした研究を重ねることにより、情報が氾濫し、不安定な時代において、必要な情報を取捨選択し、企業を発展させる経営者となることを目標としています。様々な法律情報を実際につかい、利益を上げ、人生を楽しく豊かに生きていこうというものです。

簡単にひとことで言うと、「法律情報を儲かるように活用する」ことなのです。

この研究会に入会すると、上昇気流!(月刊えび通)で送られてくる最新の法律情報から、ずばり儲けにつながるような使い方のこつが分かるようになります。また、企業秘密ともいうべき実際の事例も報告しています。このように、この研究会で提供される会報により、実際に使う具体的な方法論や実際に使ってみた事例などを知ることができます。これらを研究し、「自分たちの場合は、どのように応用していけばよいのだろうか」と考えられるようになります。法律の使い方の「こつ」が分かってきます。なれてくれば使い方が「ひらめく」ようになると思います。

私は、もっともっと付加価値の高い会報を作ろうと、毎月毎月、真剣に取り組んであります。会員の方々も毎日の経営に対して真剣に取り組んでいらっしゃいます。こうした取り組みを続けることによって、「つかえる法律研究会」は成長していくのだと信じています。会員の方々の経営に、そして、人生に貢献したい!貢献することができれば、同時に私も幸せになることができます。こうしてできたのが「つかえる法律研究会」なのです。情報が本当につかえるようになるための研究会です。新しい情報を入手し、それが実際に使えるようになれば、それは、あなたにとって莫大な財産となります。お客様の数を増やすこともできます。売上を上げることもできます。人生を幸せに過ごすこともできます。

 さあ、このためにかかる料金はいくらだと思いますか?このような重要な情報紙が毎月送られてくるのです。例えば、いまどき儲けに全くつながらない、いろいろな経営者の会がありますね。この会費は、だいたい月に1万円前後はします。どこかの「情報○○○○セミナー」なんかに参加すると、1回で軽く5万円はします。あなたの会社で法律顧問を雇ったら顧問料が毎月5万円くらいはかかります。消費税を入れると年間で「63万円」かかります。さて、これらを考えると、会社に居ながらにして、読むだけで実際に儲けにつながるこの「つかえる法律研究会」の会費は?

「3万円くらい? いやいや5万円くらいするんじゃないの?」


答えは、なんと月額、たったの「5250円」です。

えっ?ゼロひとつ間違えてないかって? いえ、本当に「月額5千円+消費税250円」です。ただし、初回のみ3万円の入会金が必要になりますのでご注意下さい。

 でも、これでは、本当に情報がつかえるようになるんだろうかと不安になる方もいらっしゃることでしょう。そこで、

 「月1回の電話サポート」を行います。

これは、「読んだだけでは分からなかった」というときには、電話で質問できるサービスです。読んだだけでは理解できなかったことも、説明してもらったら簡単に理解できたということは、私もよくあります。ですから、これで、必ずつかえるようになると思います。

そして、さらに、

 「これなら他の情報セミナーに参加した方がよい」と思われた方には全額返金します。

 品質完全保証です。これは、もう、エステのコマーシャルかなにかと勘違いされそうですが、しかし、それだけ私も情熱と気合いを込めているということです。理由を聞かせてほしいとか、読んでしまった後はダメとか、そんなことは言いません。1年間続けてみて、あなたが参加するセミナー12回分以下の内容だとお感じになった場合、ご遠慮なくお申し出ください。お届けしたものも、着払いで送り返していただいて結構です。無条件で全額返金します。

 さあ、もう一度内容を確認します。
「つかえる法律研究会」入会者 5つの特典!

1.毎月、法律情報誌が届く。
つかえる法律情報や実際の事例を会社に居ながらにして知ることができます。

2.届いた情報誌を読むだけで、法律情報が実際につかえるようになる。
  詳しい方法論や事例が書いてありますから、あなたへの応用ができます。

3.電話でサポートが受けられる。
  読んで分からなかったら、電話で聞くことができます。

4.これらを活用すると、儲けにつながる。実際の経営にすごく役立つ。

5.しかも、完全保証付。
1年間続けてみて、あなたが参加する情報セミナー12回分以下の内容だとお感じになった場合、無条件で全額返金します。

お申し込みは簡単です。
「お問い合わせ」から入会希望と書いていただければ、ご案内をさせていただきます。ご案内のあとに正式な入会の申込とさせていただきます。
もちろんFAX、お電話でもお申し込みできます。
FAX24時間受付 045−978−0204
TEL平日9時〜17時 045−978−0203

 これだけあなたのリスクを極限まで減らしても、まだ、信用できないかもしれません。そんなあなたは、まず、無料のメールマガジンを読んでみてください。メールマガジンは、右のフォームからもご記入いただけます。さっそく、どうぞ!

 最後となりますが、「つかえる法律研究会」に入会されてもムダな方もいらっしゃいます。それは、「努力しようとしない人」です。ただ、ボーっとしていて儲かりたいという人はご遠慮ください。送られてきた情報を「読み、理解し、つかう」ということをしなければ、儲かることも幸せになることもあり得ません。自分で「読み、理解し、つかう」ことをスムーズにできるようになることがこの研究会の目的です。最初は、ある程度の努力が必要かもしれません。自分で努力はしたくないという方は、ムダですからはじめから入会しない方が良いと思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

つかえる法律研究会 海老澤 祥司